その他書きたいこと

「アンテナを高く張れ!」って実際どんな手法?ブログに活用できる?

2018/11/16




 

こんにちは!

きつね(@ktn_ktn_3)です。

僕が前にいた会社の社長がよく言っていた「アンテナを高く張れ!」という言葉。

あの頃の自分は、土木の施工管理業務をこなすのが精一杯で全然届いていませんでした。

余裕が全くなかったんです……

その後も転職して結婚し、子供が生まれ育児と人生の一大イベントが重なり余裕がない生活が続きました。

今年に入ってそうした環境の変化が少し落ち着いたので、放置していたブログを名前を変え再スタートすることにしました。

とは言っても、時間に限りがあるのは変わらないので、いかに作業を効率化するかを考えるようになりました。

それで過去記事にも書きましたが、タッチタイピングの修得にもチャレンジしたわけです。

そんな時にふと思い出しのが、「アンテナを高く張れ!」と言う言葉でした。

これを修得すれば、「ブログを書いて行く上で大切なインプットの部分を効率化できるのではないか?」と考えるようになりました。

今回の記事は、「アンテナを高く張れ!」の意味や実際の手法についてまとめていこうと思います。

前置きが長くなりましたが、本題へ行ってみましょう!

「アンテナを高く張れ!」という言葉の意味から考えてみました。

「アンテナを高く張れ!」という言葉の意味から考えてみます。

本来の電波塔のアンテナで考えてみると、高い位置に設置した方がより広範囲の「電波」をキャッチできますよね。性能などの細かい話は考慮してませんが・・・

この「電波」の部分を「情報」に置き換えてみましょう。

そうすると、アンテナを高い位置に設置して(張って)より広範囲の「情報」をキャッチするという意味になります。

それを僕なりに意味付け足したのがこちら。

「アンテナを高く張って、より広範囲の情報をいち早く、多くキャッチする。」

これがこの言葉の本来の意味だと思います。




 

意味は分かったけど、実際はどうしたらいいの?

まず、僕は情報の種類というのは2種類あると思っています。

ネットで集める情報現実世界で集める生の情報です。両方とも大切ですよね。

まずは、ネットで集める情報から考えてみます。

「アンテナを高く張って、より広範囲の情報をいち早く、多くキャッチする。」

そうは言っても、現代のネットには有益なものから有害・無益なものまでさまざまな情報で溢れかえっています。

その情報量を見境なくキャッチしようとすると・・・まあ当然パンクしますよね。(笑)

そうならないための作業手順をまとめると・・・

①広範囲だけど有害・無益なものは始めから省く。←情報のジャンルをしぼる

②自動的に情報が入ってくる体制をつくる。←情報を探す時間を省く

③入ってきた情報を取捨選択して有益な情報だけを取り入れていく。

となります。

こうすることで、ネットからの有益な情報をいち早くキャッチすることができますね!

ただ、全く時事ネタが分からないのは社会人としてどうかと思うので、ニュースアプリを1つに決めて最小限に情報を集めることも忘れないようにしましょう!

時事ネタをあっちこっち読み漁るのは、正直時間の無駄です。

あと、情報を深追いしちゃうと逆効果になっちゃいます。

僕はまだまだ初心者ですが、SNSやRSSリーダーも活用できますね!

この時もジャンルを広げすぎない(決め打ちする)ことを注意するといいです。

次は現実世界で集める生の情報です。

これをキャッチするための方法は・・・

数多くの人と会話するということです。

というか、これしかないと思ってます。

実際に会うのが1番いいですが、無理なら電話でもオッケーです。

それも定期的に連絡するのが効果的だと思いますね。

その時々の新鮮な情報に触れられるからです。

僕の本業の土木で言えば、仕事の発注情報や受注情報などです。

こういうのは、日々状況が変化して行くので情報が新鮮でないと他社に遅れをとることもしばしばです。

この時の大切なポイントは無益な人・嫌な人とは付き合わないようにすること。

百害あって一利なしです。

まぁ、仕事の場合は仕方ない部分もありますが、プライベートは特に注意した方がいいですね。

まとめ

まず、「アンテナを高く張る!」という言葉の意味を自分なりに解釈してみました。

「アンテナを高く張って、より広範囲の情報をいち早く、多くキャッチする。」

これを実行して収集できる情報は、ネットで収集する情報現実世界で収集する生の情報の2種類があると思ってます。

ネットで収集できる情報は、

①広範囲だけど有害・無益なものは始めから省く。←情報のジャンルをしぼる

②自動的に情報が入ってくる体制をつくる。←情報を探す時間を省く

③入ってきた情報を取捨選択して有益な情報だけを取り入れていく。

これらを意識すると効率的に情報収集できます。

現実世界で収集する生の情報を効率よく収集するには、「数多くの人と会話する」これに限ると思います。

どうしてもネットだけではわからない情報ってありますからね!

自分でもこれらの点に注意して、ブログに役立つ情報収集(インプットの部分)を強化・効率化していこうと思います。

長々とまとまらない話でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

ではでは。

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-その他書きたいこと